1. Home > 
  2. Blog > 
  3. 【STAND BY ME vol.58】 glamb 2017 Spring Collection ~Supertramp~

Blog- Hot Topics & Column -

2016.10.27

【STAND BY ME vol.58】 glamb 2017 Spring Collection ~Supertramp~

CategoryLAYMEE



【STAND BY ME vol.58】 glamb 2017 Spring Collection ~Supertramp~
 

みなさんこんにちは。
このブログを読んでいる皆さんはもう新しいコレクションはチェックしていることでしょう。

新しくリニューアルされたウェブサイトに慣れるまで少し時間がかかっているのではないでしょうか?
じつはこのブログもリニューアルされて、昨日書いたブログが消えてしまいましたー。

さて、気持ちを新たにまたブログを書きたいと思います!

今回のコレクションのテーマは冬に引き続きSupertramp。
映画"INTO THE WILD"の主人公が自分につけた放浪者という意味の名字です。
彼の太く短く生きた人生と、あの映画のロケ地がどれもかっこよすぎて、
僕たちも彼の足跡を少したどる事にしたのです。

Salvation Mountainという場所を知っていますか?




LAから3時間内陸側にドライブをすると現れるこの山。
砂漠のど真ん中にあるんです。

この山はLeonardさんという方が30年かけて泥を固めて作った人工的な山。
"GOD IS LOVE"といたる所に書かれた現実離れした場所。
この場所こそ、Supertrampが訪れた場所なのです。
https://www.youtube.com/watch?v=t_G00TJ45zM

実際にChrisという映画のもとになった人物の写真も山の中にある洞窟のような場所に飾ってありました。
映画にも登場したLeonardさんは残念ながら数年前に他界してしまい、
現在はRonさんという方が住み込みでマウンテンのケアをしています。
ロケの10日前に大雨が降り、頂上が陥没してしまい、修復をしている最中でした。
1年で14日ほどしか雨が降らない場所で大雨が降ったというのはきっと異例の出来事でしょう。

山から周りを見渡すと、隣の山奥ではアメリカの軍隊が爆撃の練習をしていて、
大きな音と共に真っ黒な煙が上がっているのが見えました。

キリスト教を崇拝する神秘的な場所のすぐ近くで大きな爆発音が聞こえるのは何とも不思議な感覚でした。

このロケ地をイメージして作ったアイテムたちを紹介したいと思います。

JK09

あえて刺繍を入れずに作った無地のスカジャン。
注目して欲しいのは生地の色合いと加工感。
日焼け加工とビンテージ加工を入れて、
生地をしらっ茶けて見えるようにして、リブの淵はボロボロになっています。
特徴的な配色のリブにも注目です。

JKT01

シープレザーを使ったシングルライダース。
製品になった状態で洗い加工を入れることで出来る自然なシワと、こなれた雰囲気。
サイドにはリブを配し、動きをスムーズにしました。
久々に登場したシングルライダースはキャップと合わせるコーデを提案しています。

SH02

ビッグシルエットのチェックシャツの後ろ身に大きなダメージを入れて、
下地のプリントを見せています。
戦争に備えているかの様な爆撃練習を目の前で見て、
再認識したこのメッセージの重さ。。。

CS12

胸元の大きくプリントされたカレッジロゴ風の文字。
旅行先の沖縄でたまたま入った古着屋で見かけたこの文字のバランスがビビッときて、
スグに思いついたジェルプリントのCalifornia Republicのクマちゃん。
光の反射でさり気なく映し出されるクマの毛質も繊細に表現されています。


少しでも参考になれば嬉しいです。

今回のコレクションでは沢山の新企画が発表されます。
カタログが届くのを楽しみにしていてくださいね!


TK KUBO
Instagram:
@

@featherwave
@life_around_my_film
@

Back Number