1. Home > 
  2. Blog > 
  3. 2018 SP Collection ニット&デニムコーデ by TK

Blog- Hot Topics & Column -

2017.11.21

2018 SP Collection ニット&デニムコーデ by TK

CategoryThe glamb Times

こんにちは、TKです。
だいぶご無沙汰になってしまいましたが、これからはInstagramともども頻繁にアップデートしていきますので、どうぞお楽しみに。
Instagramのアカウントは2つ。
glamb_tk
(デザインやファッションについて)
tkalphadog
(家族や日常について)


今回のコレクションのロケ地は、今まで巡った街の中でも断トツでファッション感度の高い、NY。
撮影の合間にショップや現地の人々と触れ合い、とても感性を刺激されました。
カメラを愛する僕は、ここにもフィルムとライカのデジタル両方を持ち込み、撮影。
カタログのカメラマンの写真とはまた違った角度から、僕ならではの目線でこの街を切り取れたと思います。
glamb_tkの方にアップしていますので、ご覧いただけましたら嬉しいです。
さて今回は春の新作から、ニットとデニムのコーデをご紹介します。


 

まずこちらのニットは、ストリートの王道アイテム、ボーダーカーディガン。
全面を彩る、今季から登場するBrain bee〈ブレインビー〉は、考え事をしている時に頭の内側を飛び回ってくすぐる蜂です。
デザインの手助けをするのか、邪魔をするのか……愛すべき彼を、モチーフとして描きました。
今季の色んなアイテムに登場していますので、探してみるのも面白いですよ。
そこに合わせたデニムは古着をサンプリングしてリメイクしたもの。
ここではトップスの下に隠れていますが腰を摘むようにしてとったタック、
バックポケットの配置やデニムパッチ等がLeeのヴィンテージを彷彿させます。
青いボーダーとデニムの組み合わせで、全体をワントーンの印象に纏めました。
グランジファッションのノリを今っぽくアレンジしたコーディネートになったのではないでしょうか。


ハットは高級素材として知られるラビットファーを使用しており、通常より分厚い120gのボリュームでかっちりとした仕上がり。
TOKYO店のみの販売で2色各18個限定のレアアイテム。
こちらのワンクラス上の手触りも是非味わって頂きたいところ。


GB0118 / KNT10 : Bees border cardigan
GB0118 / CS13 : Nesta tank top set
GB0118 / P09 : Mess denim
GB0118 / CP02 : Bell hat
GB0118 / AC10 : Gaudy key case by JAM HOME MADE
GB0118 / AC05 : Ernest boots



 

 

同じデニムを、今度は落ち着いた色味の縦ストライプのニットと合わせて着回したのがこちら。
あえてダークトーンとすることで、アダルトな春の装いとなりました。
このニットは非常に手の込んだ作り。通常横にしか編めないニットで、特殊な技法で縦のストライプを実現しています。
さらにラインごとに何種類もの素材や糸使いを施した、他では見られない力作です。
袖の特徴的なロングリブは緩急あるシルエットをアームに描き出し、スタイリッシュな佇まい。


肌寒さが残る日は、この上にコートを羽織っても良き。
こちらはオーバーサイズとなっていますので、ニットの上からでも袖を通せますし、マントのように羽織ってもgood。
デニムとボンディングされた生地は防風とストレッチの機能を兼ね備えており、機能面でも嬉しい1着です。


GB0118 / KNT05 : Striped creed knit
GB0118 / CS13 : Nesta tank top set
GB0118 / P09 : Mess denim
GB0118 / CP02 : Bell hat
GB0118 / JKT08 : Blues denim coat
GB0118 / AC05 : Ernest boots

 

Back Number