1. Home > 
  2. Blog > 
  3. 待ちに待ったブログ再開、のお知らせ

Blog- Hot Topics & Column -

2018.03.05

待ちに待ったブログ再開、のお知らせ

Categoryglamb Tokyo Blog

長い沈黙を破り、いよいよTAKUログが再開することが決まりました。

 

そもそもTAKUログって何??って方

 

はい、こちら

 

はい、くだらな---い

 

ブログ内で「食べ物屋さんを独断と偏見で私多久和が勝手に評価する」

その行為をTAKUログと呼んでおりましたが、

ブログ自体の事をTAKUログと命名することにしました。

 

そしてブログ内で、ご飯屋さんの事を紹介する際には変わらず

TAKUログと銘打って評価をしていきたいと思います。

どうぞよろしく。

 

まず最初にTAKUログの評価に関して

・基本食べログと同じような数字感(→TAKUログ3.5以上なら、少しだけ期待してもらって大丈夫、かな??)

・まずかったとしてもその店のおばちゃんと仲良い場合は評価は上がります

・美味しかったとしても値段が高過ぎる場合は評価は下がります

・その日、その時の気分で評価は変わります

・同じ店が何回も登場し、その都度採点が異なる事があります

 

 

 

さてさて、TAKUログ再開第一弾は、TAKU散歩。

 

 

TAKUなんたらって、うるさいよっ!

 

 

はい、そこの君、そんなこと言わない言わない!

 

 

芝浦とお台場を繋ぐレインボーブリッジを歩いて渡って来ました。

 

はい、ドン

レインボーブリッジを下からみた絵

 

レインボーブリッジのふもとにはこんな入り口があり

エレベーターで7階まで上がると

 

↓こんなところに出ます。

車道の脇に歩道が併設されているのです。

 

これからこの橋を歩いて向こう側へと渡ります。

ちなみにノースルートとサウスルートがあり、

今回選んだのはノースルート、晴海側です。

鉄柵越しに眺める晴海の街並み

 

タラタラ歩いていても意外と進みは良く、もう半分。

 

真ん中から元来たところを振り返った風景。

頂上を過ぎ、橋は早くも下降しています。

 

あっ、大好きな東京タワー!

どんどん歩き進めていくと高架下をくぐりサウスルートへと促されます。

下からみたレインボーブリッジ

サウスルートの見所は何といってもお台場の風景でしょう。

そしてフジテレビ。

なんでもこの春、3割のテレビ番組を改変するとのことです。

頑張れフジ!!

ふと下を見たらいましたよ。

白鳥ではなかったものの、やはり足元は一生懸命水をかいていました。

勉強になります!

 

ここを歩いて来たんですね--!

と、感慨深くは、ならない。

 

はい、これが全体像。

 

普通に解説しましたが、日によってはとんでもない強風に見舞われると思います。

 

特にふれませんでしたが、この日もそう。

 

とんでもない髪形で、とんでもない人混みのお台場を闊歩していました。

 

ランチを食べるにもどこも並んでいるわ、入れるかと思うと少し身体を絞らねばと考えている奴には向かないビュッフェだわ。

 

歩き回った末に入ったのが

La Boheme

 

はい、せーの

 

ら・ぼえむ

 

何年ぶりでしょうか??

 

10年くらい??

 

久々にラ・ボエムに入りました。

 

まずは、ビール

おいおい身体絞ってるんじゃね-の!?

お次はピザ。

おいおい身体絞ってるんじゃね-の!?

 

 

TAKUログ 2.9

Cafe La Bohemeお台場店

東京都港区台場1-7-1アクアシティお台場メディアージュ4階

050-5869-7336

 

久々の採点なのに酷評ですまぬ!

ラ・ボエムのブランディングもある事と思いますが、

選曲されたミュージックと重厚なインテリアが爽やかなお台場という雰囲気に重過ぎました。

 

帰りはサウスルートを単独渡航してみようかとも思ったが、船で帰ることに。

サウスルートと単独渡航の組み合わせを、言ってみたかっただけ。

そもそも行きも単独だし。

 

Urban Launch

お台場⇒芝浦

600円

乗り込んでから代金を支払います。

日曜日の午後、まあまあ人が乗るだろう時間帯で10人ちょっと。

芝浦ってどこ??って人もたくさんいる事と思いますが、山手線の田町って駅です。

 

お台場まで電車で行って、帰りは船で田町から電車で帰るなんてデートコースも良いかも知れませんね。

(芝浦の船着き場から田町駅まで10分ほど)

 

はい、どーん、気持ちい--!

GLAMB by glambの撮影も行ったクルクルしているところを海側から。

はい、工場!

水門をくぐって、

いよいよ到着。

 

20分の船旅、たまには良いかも!

ちなみにですが、

後輪に滑車みたいのを付けなければいけませんが、

レインボーブリッジは自転車でも渡れるし、

プラス300円かかりますが、船に自転車を乗せる事も可能です。

 

久々のTAKUログ、如何でしたでしょうか!

 

ではまた来年

 

 

 

 

おい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Back Number