1. Home > 
  2. Feature > 
  3. Order Ranking Final

ranking

glamb 2018秋コレクションの先行予約締切が間もなく!
現時点のカテゴリ別オーダーランキングを公開!

※先行予約締切 2018年5月21日(月) 12:00

ranking

秋のワードローブの主役・JACKETカテゴリーを制したのは、ストリートアウターの粋を凝縮したレザークラフトの新境地、Rosso riders〈ロッソライダース〉。4色展開の中でもNavy×Brownは袖をスエードで、コインポケットを乗せた左サイドポケットを配色で切り替えた、他にはまず無いであろうオリジナリティ溢れるもの。裏地の鮮やかなレッドもストリートの注目を集める事でしょう。2位となったのは、ヴィンテージのミリタリーをglambの視点からモードに再構築したLawrence long coat〈ローレンスロングコート〉。凛とした佇まいはコーディネートを考えずとも単体でクラス感が漂います。3位にはコーデュロイとニットガーメントの切り替えがファッショナブルなLawrence trench coat〈ローレンストレンチコート〉。裏返してアート作品のような生地を見せる着こなしも心ときめく仕上がりです。4位はクラシカルなムードが秋の気品あるスタイリングを叶えるWinry chester coat〈ウィンリーチェスターコート〉。深みある質感のカラーリングは季節感溢れるもの。5位はブランド15周年を記念した趣向を凝らしたデザインで魅せるJake ska JKT〈ジェイクスカジャケット〉がランクインしました。

ranking

温かみある質感にロマンティックな季節の訪れを感じるKNITカテゴリー。1位はニッティングの妙でグランジテイストを色濃く漂わせる一枚に仕上げたNO INSPIRATION knit〈ノーインスピレーションニット〉。ラフに描かれたメッセージやモチーフが何ともニュアンス溢れるものとなっています。2位はアームにライナージャケットを彷彿させるパーツを配したJed cable knit〈ジェドケーブルニット〉。中綿が入れられ温かいその袖口にはリブを採用、奥行きある着こなしを実現します。3位は5色の組み合わせでマルチボーダーを構成したKaylee border knit〈ケイリーボーダーニット〉。マテリアルのナイロンフェザーは、リュクスな起毛感と抜群の保温性を兼ね備え嬉しい着用感。4位にはボーダー3色、単色3色の計6色で展開されるHowl knit〈ハウルニット〉が入りました。ドロップショルダーのボディの裾には前後差が付けられ、他アイテムのインナーとしても活躍する事でしょう。5位はブランドキャラクターBrain bee〈ブレインビー〉が胸元で絶大な存在感を放つBrain bee knit〈ブレインビーニット〉となりました。!-- /.imagearea -->

ranking

季節を問わずトップスの絶対的定番であり続けるSHIRTSカテゴリー、この秋1位を獲得したのは「昼夜織り」の技法でチェックシャツにデジタルな表情を持たせたPixel check SH〈ピクセルチェックシャツ〉。見る者を惹き付ける力を持った一枚は、ベーシックなレギュラーフィットでコーディネートを選ばないのも魅力。2位はアヴァンギャルドな総柄デザインで異彩を放つNature paradise SH〈ネイチャーパラダイスシャツ〉。テキスタイルのコットンサテンは、滑らかな肌触りと艶やかな質感で一度着たら手放せなくさせます。3位にはガウンのディテールを踏襲したロングレングスのSheriff long check SH〈シェリフロングチェックシャツ〉。温かみあるデザインの一枚は季節の変わり目を結ぶライトアウターとして打って付け。4位は職人の卓越したクラフトマンシップが厚手のネルシャツに深みある表情をもたらしたTristan check SH〈トリスタンチェックシャツ〉。裾から胸上まで薬品の分量を調整しながら施したブリーチ加工に更にブラスト加工をかけ、狙い通りのグラデーションを生み出しました。5位は3wayの着こなしを提案し2枚1組でお届けするLongley SH〈ロングリーシャツ〉。アーティスティックなスタイリングをお楽しみいただけます。

 ranking

メンズファッションに欠かせないCUT AND SEWSカテゴリーの1位は、フーデッドカットソーとしてもデザインカットソーとしてもご利用いただける人気シリーズ、Jagger drape hoodie〈ジャガードレープフーディ〉。エステル/レーヨンポンチのしなやかなマテリアルが非常に心地良い着心地をプレゼントしてくれます。2位はデザイン性ある幾何学模様とノーブルなホワイトのセットでリリースするDiabis long tanktop set〈ディアビスロングタンクトップセット〉。前後差をつけたロングシルエットでレイヤードスタイルを難なく叶えます。3位にはロックスタイルの定番・ボーダーカットソーにブランドの美意識を落とし込んだHardie border sweat〈ハーディーボーダースウェット〉。1枚1枚、ローラーで表現されたボーダーは擦れた色合いにグランジムードが漂います。4位と5位は胸元のモチーフが印象的なシリーズ。ハート、スターをそれぞれ色の濃淡で瑞々しく描写したHeart CS〈ハートカットソー〉、Star CS〈スターカットソー〉がランクインしました。

 ranking

スタイリングの基盤となるPANTSカテゴリー、多彩なラインナップの中で1位に輝いたのは抜け感あるシルエットとスカジャンのモチーフを掛け合わせたMartis cropped pants〈マーティスクロップドパンツ〉。落ち着いたカラーリングとリブでレングスを調整もできる9分丈は洒脱なストリートスタイルの必需品。2位はブランドの定番、立体裁断仕立てのスタイリッシュなシルエットが人気のPoly denim〈ポリーデニム〉。今季はロールアップして足元にニュアンスを持たせるスタイリングをお試しあれ。3位と4位はglamb15周年を記念してリリースするラグジュアリーデニムクラフトの結晶、Lawrence tight denim〈ローレンスタイトデニム〉とLawrence wide denim〈ローレンスワイドデニム〉が揃ってランクイン。もはや芸術の域に達したと言える経年変化の表情を持つ本作はジップのディテールにもご注目を。5位はシルエットメイキングの妙でワークアイテムをスタイリッシュにクラスアップさせたSimon overall〈シモンオーバーオール〉。トップスはボトムスに垂らし、ライダースを羽織るロックなコーディネートが今季の提案です。

  ranking

他と差をつけるスタイリングに是非取り入れたいHEAD WEARカテゴリー。1位はベースボールキャップにピッグスエードを落とし込みリュクスに仕立てたRobert leather cap〈ロバートレザーキャップ〉。キャップでありながらレザーの経年変化の風合いも深く味わえる逸品です。2位は秋冬に絶好のマテリアル、ウールフェルトで丸みを帯びた柔和なベレーに仕立てたMerca beret〈メルカベレー〉。ふわりとした質感のシンプルデザインは女性へのプレゼントにも最適となっています。3位は生地のコーデュロイで季節感を見事に捉えたWatt bucket hat〈ワットバケットハット〉。過度な装飾を排したデザインと使い勝手の良いカラー展開は何度シーズンを迎えても飽きの来ないもの。4位に入ったのは無地3色とレオパード柄3色の計6色でリリースするBreda knit cap〈ブレダニットキャップ〉。活躍の場が多く見込めるこの季節は多色買いもお勧めです。5位はラグジュアリーなルックスが目を引くAviator fur cap〈アヴィエイターファーキャップ〉。ボリュームあるファーはデザインのみならず、裏地の起毛と併せて確かな防寒性をお約束します。

  ranking

スタイリングを彩る様々なアイテムに目移りするACCESSORIESカテゴリー、1位となったのはデニムで仕立て、デニムパンツのディテールを随所に落とし込んだSlinky denim boots〈スリンキーデニムブーツ〉。バフ加工でヴィンテージの表情も描き出された本作は、デザインの一部であるジップが脱ぎ履きを容易にしてくれる仕掛けとなっています。2位はキーチェーンとしてばかりでなく、カメラのリストストラップとしてもお使いいただけるBronks key chain〈ブロンクスキーチェーン〉。ブランドロゴをあしらったハンドルはアクセサリーとしてベルトループ等に取り付けても◎。3位となったのはただ巻き付けるだけでレイヤードしたかのヴィジュアルを首元に描き出すHughes fringe stole〈フュースフリンジストール〉。寒さを防ぎながら人とは違うスタイリングを叶える嬉しいアイテムです。4位には今季是非足元から覗かせてほしいKelog long socks〈ケロッグロングソックス〉。ロックなヒョウ柄に履き口のBrain bee〈ブレインビー〉がチャーミングな本作はちょっとしたプレゼントにもうってつけ。5位は指元にボリューム溢れる表情をもたらすBrain bee ring〈ブレインビーリング〉。Silverは燻加工、Goldは18kメッキを施した後スミ入れをし共にアンティーク調の風合いに纏めました。

  ranking

自由な発想で描かれたグラフィックがアーティスティックなT-shirtカテゴリー。1位はどこかで見た4人組をステンシルで描いたTHE SMOKEBEATS T〈ザスモークビーツティー〉。人物に落書きされたブランドキャラクターSmoke beats〈スモークビーツ〉が何ともチャーミング。2位はglambがたびたびモチーフとしてきたマリアを数々の言葉でコラージュしたLotta love T〈ロッタラブティー〉。3位はカエルというメジャーなモチーフが持つ二面性を水彩画のように表現したFrog doll T〈フロッグドールティー〉。4位にはクラシカルな静物画をアヴァンギャルドに味付けしたScore branch T〈スコアブランチティー〉。5位はポップな色使いで言葉遊びをキャッチーにビジュアライズしたLuck T〈ラックティー〉となりました。

  ranking

モード&リラックスをコンセプトに、上質なストリートウェアを提案するMONOTONEカテゴリー。1位は素材からカッティングまで拘り抜きシックな佇まいを作り出したSlit long CS〈スリットロングカットソー〉。人体から蒸発される湿気を利用した機能素材デュアルウォームは優れた保温性と保湿性を完備。前後差を付けたスクエアカットの裾にスタイリッシュなムードが宿ります。2位は素材の切り替えでファッションの秋を全方位から盛り立てるCombination CS〈コンビネーションカットソー〉。ボディを2つの素材で切り替えながら、さらにネックラインは数センチの間に3つの素材を切り替え繋ぎ目にパイピングも施した圧巻のモノ作り。3位は滑らかな肌触りの肉厚な生地感でお届けするMockneck knit〈モックネックニット〉。裾と袖口はリブ編みとし、シルエットに強弱を付けました。4位は超極太モール糸のとろけるような手触りが何とも心地良いBorder cardigan〈ボーダーカーディガン〉。5位には端正な仕立てながら素材使いとパターンメイキングでリラックスした着用感を実現したEasy tailored JKT〈イージーテーラードジャケット〉がランクインしました。