一般的には、冬物とはもうお別れ。 しかし真のファッショニスタはまた訪れる季節を見越して
年間のスタイリング計画を立てるもの。
そんな皆様にご来店いただき、
今月の売上ランキングは幅広い季節感のラインナップとなりました。
その中で多く見受けられるのは、
単体でスタイルを作り上げてくれる装飾性高いデザイン。
glambのエッセンスが隅々まで注ぎ込まれたアイテムの数々をチェック!


check_ttl

rank05

  • マンスリーランキング1位に輝いたのは、涼やかなバギーパンツ! コットンテキスタイルでありながらリネンのような肌触りが今の季節に絶好と評判です! さらなるポイントとなるのが、着用し実際に動いている時のシルエット。ただワイドなだけではない、生地が揺らめくレングスラインが動きあるスタイリングをもたらします。さりげない同色のストライプ柄も程良いアクセントで、多くの方に手に取っていただけました。

    rank05

  • 2位にランクインしたのは、先月に引き続き登場となったダブルライダース! 取り外し可能な首元のファーを外して店頭展示していたところ、コンパクトな襟とシンプルなデザインが、シングルライダースを探していた方にも気に入っていただけました! 秋冬になればファーを付けてムードを変えられるのも喜んでいただき、次の季節を見越して手に入れておきたいという方が多かったのが印象的でした。

    rank05

  • レザーの同シリーズをお持ちの方のリピート買いの方が多数、ちょっとした外出から旅のお供まで使い勝手の良いウエストポーチが3位に! 本作ならではの特長はデニムテキスタイルの加工感。中に物を入れずとも、アクセサリー感覚でコーディネートに取り入れていただけます! シンプルスタイルになっていくこれからの季節、まだまだ売れていきそうです!

    rank05

  • 4位はスラックスにスポーティなナイロン素材を落とし込んだスラックス! 普段ジャケットやシャツを着用される方から、外しのアイテムとして圧倒的支持を得ていました! トップスが綺麗目すぎると決まり過ぎてしまうのが悩みどころですが、ボトムスにこちらを合わせる事でスタイリングが絶妙なバランスに整います! ストレッチ混素材が用いられているので、スムーズに着用できる点も高い評価につながりました。

    rank05

  • 鮮やかなカラーリングと付属の缶バッジがアイコニックなハイカットスニーカーが5位に入りました! 4色展開となりますが、RedとOrangeがとりわけ人気となっています! Tシャツ+デニムのシンプルコーデも足元からおしゃれにしてくれる抜群のインパクトに皆様とりこに。ゴムのシューレースにより、結び目を解かずにそのまま履けるのも嬉しい一足となっています!

    rank05

  • レイヤードスタイルを一枚で実現してくれるglambらしいスウェットが6位に! 気温が目まぐるしく変わる季節、7分袖のこちらが「半袖だと肌寒いけれど、ジャケットやコートは少し暑い」というところを絶妙なさじ加減で埋めてくれるのが人気の秘訣。glamb Tokyoで展示していたSheriff long check SHとのセット買いの方がとても多く見受けられました。

    rank05

  • 7位となったのは、ラグジュアリーな素材使いのボマージャケット! レザーやベルベットを用いて高級感を演出しながら、重さを感じさせないカラーリングを皆様気に入っていただけました。スカジャンのような着心地の軽さも好評! こちらも次の秋での使用を見据えてお求めになる方が多数でした!

    rank05

  • 薄手の透け感あるリネンカーディガンが8位に! ブルゾンのインナーとして多くの方にご愛用いただいていましたが、暑くなりすぎず重ね着を楽しめるのがポイント。羽織り物としてももちろん使い勝手のいいものですが、太ももあたりまでの丈感がちょうどいいと特にスキニーを穿く方から好評でした!

    rank05

  • だんだんと暑くなってきた今日このごろ、夏へ向けての1枚としてこちらの開襟シャツが9位に入りました。このアイテムのポイントは、ずばり刺繍のデザイン。単体でインパクトあるルックスですが、そこにネックレスやブレスレットを加えることでゴージャスでクールなムードにまとめられるところが人気です! やりすぎくらいがちょうどいい、この夏は一皮むけたスタイルに挑戦してみては?

    rank05

  • 10位にランクインしたのは、ブランドらしい放浪者のムード漂うカットソー! ストールを巻くにはやや暑い季節になってきましたが、フロントにドレープまとうこちらが1枚で首元にニュアンスあるスタイリングにまとめてくれると好評でした! 独特のエキゾチックなムードも他と差を付けるコーデとなってくれ、Common easy pantsといったデザイン性あるボトムスとセットで皆様お求めいただいておりました。