Summer Collection 2020

Summer Collection 2020 Nostalgia

今季のglambは“Nostalgia”をコレクションテーマに
80年代から90年代のスタイルにアプローチ。

ある人にとっては自分自身が育った同時代、
ある人にとっては懐かしさを感じる少しだけ昔の時代。
ストリートカルチャー全盛の時代を2020年に向けて再提案。

2020/03/05 Open

Location:Los Angeles(United States)

  • ModelDEAN
  • Shane Makoto
  • PhotograghyTakakai Yuko
  • Hair&MakeNishiyama Shota
  • StylingKubo Takaaki
  • ManagementNoda Ryohei

Through the Lenses

Through the Lenses

【Los Angeles Through the Lenses】

 入国審査の長蛇の列を抜けた僕達を、思わず目をしかめてしまうほどの眩しい日差しが出迎えた。視野の半分を占める広くて青い空と、等間隔で並ぶパームツリー。アボットキニー通りにある流行りのカフェで冷たいアメリカーノを流し込む。サードウェーブと一括りにされるアメリカ西海岸発のカフェのコーヒーは酸味が強く、10 時間のフライトでぼーっとした頭を覚ますにはぴったりだ。
 2 月のロサンゼルスは朝晩こそ冷えるものの昼間は20℃まで気温が上がり天気は申し分ない。またメキシカン、中華、タイ料理に日本食など、ロサンゼルスには世界各国のハイレベルなレストランが集まっている。
 モデル、衣装、フォトグラファーにロケーション。良い作品を作るために必要な要素はいくつもあるけれど、一番大切なのは撮影クルー全体のテンションだと思っている。そのテンションを最も左右するのは気候と食事だ。最高の天気と毎晩の美味しい食事が、ハードな撮影に挑む我々を後押しした。
 ブランド3 度目となるロサンゼルスでの撮影の様子を、今回もフィルムカメラで切り取った。

Photography = YUKO TAKAKAI , TK KUBO
Text = RYOHEI NODA
Camera=Leica M6 (Summicron F2 35mm),Minolta (CLEMS-OPTICS PERAR 17mm F4.5,CANON SERENAR 50mm / F1.8),EDIXA REFLEX B (HELIOS 44-2 58mm F2)
Film=KODAK PORTRA 160 & 400

Through the Lenses

今季のテーマに合わせロケ地として最初にピックアップしたのがパステルカラーのピンクとブルーが目を引く''Pink Motel''。クローズしたモーテルとダイナーが撮影用スタジオとして改装され、多くの広告やミュージックビデオの撮影が連日この場所で行われている。同様の個性的かつ大規模なスタジオが多く点在するロサンゼルスは、やはり撮影のメッカと言えるだろう。

Through the Lenses
Through the Lenses
Through the Lenses
Through the Lenses
Through the Lenses

ダウニーにある現存する世界最古のマクドナルドは、当時の姿のまま営業を続けている。オーブンで焼いたものではなく、昔ながらの油で揚げたアップルバイが食べられるのはここだけ。

Through the Lenses
Through the Lenses
Through the Lenses
See More

Brand Category