サマーコレクションにニットというと意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんがこちらも5月から6月のお届けとなり、梅雨の時期から羽織りとして活躍するラインナップとなっています。その中でも一番人気となったのはGrunge indigo cardigan。デニムを思わせるインディゴカラーとクラフトマンシップ息づく経年変化の表情は、ガウンライクなリラックススタイルに落とし込むことでアダルトな抜け感ある一枚に。幅広い年代の方から支持を集めました。

ルックブックの表紙を飾ったParadise island SHがシャツカテゴリーで最多数のご予約をいただいておりますが、全体を見ると5アイテム中3アイテムが長袖となる結果に。いずれも5月から6月に到着となり、梅雨の時期から着られるとの声を多くいただきました。真夏においても薄手の素材感によりストレス無い肌触りで着用でき、袖をロールアップすればアダルトな着こなしに。吸水速乾素材を用いたCut off tank topをインナー使いすれば清涼感ある着用感でお楽しみいただけます。

2021年夏のカットソーカテゴリーは、1枚でスタイリングを完成させるフェイクレイヤードや変形ディテールを備えたアイテムが人気! トップススタイルの定番であるビッグシルエットにサイジングされたアイテムも多く、軽装になっていく季節においてもご自身の表現を込めて着こなせると支持を集めました。ランキングを制したのは一見シンプルながらさりげない切り替えデザインでニュアンスを付けたFake layered wide CS。ドレッシーなパターンワークとヴィンテージライクな風合いのギャップで真新しいトップススタイリングを提案します。

ブランド常連の方々を中心に根強い人気となっているグラフィックTシャツ。1位と2位には西洋絵画にブランドのアイロニーを利かせるというglamb設立当初から培ってきた画法で描いたMADMAN TとPleasure Tがランクイン。3位にはモダンポップアートへのオマージュを込めたPop skate Tが登場、この夏のスタイリングは“アート”がキーワードとなっています。

スタイルの主役となるアイテムが多く登場したカットソーランキングと同様に、パンツカテゴリーにおいてもキーとなったのは着こなしを左右する存在感のあるディテール使いやシルエット。ワイドパンツ人気を受けCropped wide pantsが1位となりましたが、2位以下にもスキニーにジョッパーズ、テーパードとバリエーション豊かなアイテムがラインナップしています。そんな中おすすめしたいのが3位のOliver denim。6パーツで構築した立体的なパターンワークによりテーパードシルエットを洗練、どなたが穿いても体感できる美しい輪郭をぜひお試しください。

シューズランキングはブランドの定番スタイルを受け継いだラインナップが揃い踏み。ブランドのコンセプトである“Grunge for Luxury”を体現した加工感と素材使いのGrunge sneakers、クラフトマンシップ溢れる物作りでリリースの度に多大な人気を博するSlinky denim bootsを短靴にリデザインしたSlinky denim short shoesが同数のご予約をいただき1位タイとなりました。3位にはシューズカテゴリー唯一のサンダルタイプとなるVilma platform sandalsが登場。優れた機能性やアウトドアテイストを感じさせるヴィジュアルもさることながら、5cmのスタイルアップを実現するボリュームあるソールにもご注目ください。

ニューエラと初のコラボレーションとなるヘッドウェア2型が全コレクションの中でも頭一つ抜けた予約数を集めましたが、3位から登場するアクセサリーも通常であればランキングの上位になる多くのご予約をいただいております。中でも重ね付けを想定したリーズナブルなプライスのブレスレットが人気に。この夏は存在感あるスタイリングを叶えるアクセレイヤードにぜひ挑戦してみてください。