RK Japan Camera Hunter x glamb

RK Japan Camera Hunter x glamb

メイドイン東京が生み出す
至高のシルエット

グランジとラグジュアリーの融合。glambのその思いはフットウェアにも注がれています。
思いを形にするのは国産ドレスシューズのファクトリー。
短靴やブーツはもちろん、スニーカーにまで
手作業で美しい輪郭を与える技術と感性がそこにあります。
「良い靴は横顔を見よ」
真横から見た時の美しさが、靴のクオリティを物語る。
それを実現するための工程すべてにこだわり抜いた、
glambの靴作りをご紹介します。

Inspection

アッパー

一日わずか10足の贅沢

パッチワークデザインはすべて手作業。ここではレザーの各パーツやファスナーなどを繋ぎ合わせ、足の甲を覆うパーツを作り上げます。
職人の手仕事がひときわ感じられるのはファスナー。ファスナーそれ自体の形状は直線。対して、アッパーの取り付け部分はアイレットに沿って緩やかな曲線を描く配置。そのため、アッパー本体側の革を波打たせるようにしながら成形していきます。そのうねるような生き生きとしたニュアンスは手作業のたまものであることを証明します。
この道10年以上の職人の手をもってしても、一人が1日に縫い上げられるのはわずか10足。きめ細やかで美しい仕上げのためなら時間を惜しまない、職人のこだわりがメイドイン東京の靴に宿ります。

Sewing

シルエット

手の感覚で最適解を形成
スニーカーをドレスシューズのファクトリーで作る。ブランドの想いが最も反映されるのは靴のシルエット作り、ファクトリーでは「釣り込み」と呼ばれる工程です。
靴のシルエットの原型となるのはラスト(木型)。glambのスニーカーはドレスシューズにも用いられるラストを使用して仕上げられます。ブランド独自のスニーカーシルエットの秘密がここにあるのです。
シルエットを覚え込ませるためにアッパーをラストに被せ、引っ張って中底に固定する釣り込み。現代では工程の大半が機械化されていますが、そこに生命を吹き込むのは人間。革は天然素材のため、切り取る場所によって厚さも固さも異なる生もの。一足一足その時の革の状態を見極めては最適なバランスで機械を可動させる必要があります。
人と革とのセッションとも言える釣り込みは、数多くのドレスシューズを手掛けてきた職人の長年の経験が可能にする靴作りのクライマックスとなります。

glambオリジナルラスト

glambが用いるラストは大きく2種類。
ブランドの美学を反映したラストを今回初公開。

3024型
主にスニーカーに用いる木型。ノーズを長めに設定したドレッシーな長さが特徴。サイドテープを巻きやすくするため側面が垂直に近くなっている。歩行の際に爪先が窮屈にならないよう1.0~1.5cm程度の「捨て寸」と呼ばれる空間を設けている。
3009型
反り上がった爪先にワークライクなボリュームある輪郭を生み出しますが、その曲線はファクトリーの持つドレスシューズのノウハウで形作られ端正な曲線美を構成。3024型、3009型いずれも長さと最大ワイズを5:4にした日本人仕様。
Sewing

仕上げ

見えない部分に隠された職人技
釣り込みの際に中底に貼り付けた革は高さが不揃いで、この状態ではソールが、そして泥除けや装飾の役割を果たすマッドガードが密着せず、強度が著しく低下します。そのため、中底の凹凸を削って平らにし、さらに表面を起毛させることで接着強度を高める「吟擦り」と呼ばれる工程を行っていきます。
吟擦りを工場で求められる精度で施せるようになるには、早くても1年の経験が必要になります。熟練の職人ともなると片足1分弱でソール貼りに最適な底面を次々に仕上げていきます。
素材がさらに多様化する現代、ルーティンワークは通用せず、職人は素材ごとに最適な調整をその都度導き出していきます。glambが常に新たなデザインに進むことの出来る背景にはこうした東京の職人の緻密な積み重ねがあるのです。

グランジマインドを吹き込む

ソールを貼り終え、靴は誰もが知る形を迎えますが、glambの美学は最後の仕上げにも込められます。それはシルエットと並んでglambのシューズラインの顔となるヴィンテージ加工。ブランドの求めるスニーカーの表情を叶えるため、端正な輪郭をまとった一足一足に汚しを加えていきます。この作業ももちろん職人が手作業で担当。贅沢なクラフトマンシップを用いて靴を汚すという、このアイロニカルな工程にglambの考えるグランジとラグジュアリーの融合が宿ります。
glambがメイドインジャパンの靴を作り続ける理由はブランドが考える美学を形にできる職人気質にあります。たった5秒のバフがけ。けれどその重要性を理解し、何足であろうと完璧なクオリティの加工を施し続ける。いかに海外の技術が高まっても、東京の職人が持つ感性や遊び心は決して輸出されるものではありませんでした。
こうして新たな靴が完成を見ましたが、職人に休息はありません。次に待つのはこうして作り上げたサンプルの量産。今日も職人の手は止まることなく靴を作り続けるのです。

LEATHER CRAFTLEATHER CRAFT

  • Price : 46,200(税込)
  • Delivery : 8月前半
  • QUALITY : Leather
  • Color : Black / Brown

ブランドのクラフトマンシップを隅々まで落とし込んだ珠玉の一足、Patchworked leather sneakers〈パッチワークレザースニーカー〉。スニーカーでありながらドレスシューズの木型を用いたボディはエレガントな佇まい。産地も鞣しも様々なカウレザー、ラムレザーを繋ぎ合わせたパッチワークは豊かで奥深い表情を実現しています。ステッチも刺し子や飾りステッチをふんだんに用いた、時間と手間を贅沢に使った仕立て。サイドの“GB”ロゴパーツは左側は敢えて剥がし、ヴィンテージ感溢れる佇まいとなっております。そんなクラフトをさらに演出すべく、トゥはバフ加工で汚しを入れ、アッパー全体にはミンクオイルを塗り込みこなれたムードに。360°隙無くデザインされた一足はサイドジップもあしらい、デイリーの脱ぎ履きにも配慮しました。

  • Price : ¥40,700(税込)
  • Delivery : 7月後半
  • QUALITY : Leather
  • Color : Black×Red / Black / Leopard

シンプルな装いになりがちな季節、足元からコーディネートを盛り立ててくれるAdvan double sole shoes〈アドバンダブルソールシューズ〉。7アイレットを設けた外羽根式のボディはカラバリごとに素材を使い分け。Blackはスムースレザー、Leopardはスエード、Black×Redは2層で着色した後に削ることで高級感ある色ムラを描き出すアドバンを用い、三者三様の表情を生み出しました。本作のさらなる特徴となるのは2層で重ねたソール。合計で5cmのスタイルアップを叶えてくれるパーツはステッチと削りによる装飾もこだわりのディテールとなっております。

  • Price : 33,000(税込)
  • Delivery : 6月前半
  • QUALITY : Leather / (Heel)Polypropylene 100% / (Mesh)Polyester 100%
  • Color : Blue / Black / Gray / Red

80's~90'sのムードを現代的に解釈する“NOSTALGIA”をコレクションテーマに掲げる今季、往年のハイテクスニーカーのムードを存分に落とし込んだClassic light sneakers〈クラシックライトスニーカー〉。通気性に優れたメッシュで仕立てたアッパーは配色のスエード、レザー、ゴム素材で切り替えレトロな表情。ボリュームあるシルエットながらEVAソールを採用することで、軽やかな着用感に作り上げました。履き口には滑りの良いフェイクスエードをあしらい、デイリーユースに嬉しい仕様に。ゴム仕立てのシューレースは留め具でまとめ、履き口を広げるだけの容易な脱ぎ履きを可能にしながらシューレースが解けるストレスを払拭します。カラーバリエーションはストリートなBlueとGray、ロックなRed、モノトーンのBlackの4種類。スタイルを問わず取り入れて頂けるラインナップをご用意しました。

  • Price : ¥36,300(税込)
  • Delivery : 7月後半
  • QUALITY : Leather
  • Color : Black / Wine

シンプルになりがちなスリップオンにエレガントな装飾性を持たせたMoccasin loafers〈モカシンローファー〉。トゥを長めにとった流麗フォルムの木型で作り上げた一足は、アッパーをU字に縫い上げるモカシン仕立て。マテリアルに上品な質感のヌバックを用いたボディは甲にチャイナボタンを飾りであしらい、クラス感をまとわせました。踵は芯地を抜いて、オープンバックでの着用も可能に。単体でもスタイルを程良くドレッシーにしてくれますが、セットアップで展開となるPaisley China SH〈ペイズリーチャイナシャツ〉、Paisley wide pants〈ペイズリーワイドパンツ〉とのコンセプチュアルな着こなしもぜひ挑戦してみてください。

  • Price : 41,800(税込)
  • Delivery : 8月後半
  • QUALITY : Leather / (Heel)Polypropylene 100% / (Mesh)Polyester 100%
  • Color : Black / Brown / Beige

スタイルを足元から優雅に演出してくれるハイカットブーツに装飾性を加え新たな一足となったFringe boots〈フリンジブーツ〉。シルエットはワイズを狭くトゥを長く設けたブランドオリジナルラストを採用することでエレガントなものに。毛足を短く刈ったスエードをボディに採用しながら往年のウエスタンシャツに見られるフリンジをあしらい、ラグジュアリーな佇まいの中に土の匂いを感じさせるムードを閉じ込めました。こちらは取り外し可能となっておりますので、その日の気分やスタイルに合わせてアレンジが可能。内側には着脱用のジップを設け、スムーズな脱ぎ履きを実現しています。ソールは5.5cmのヒールに加え、2cmのインヒールを忍ばせ計7.5cmの高さに。スタイル全体をもクラスアップさせてくれる、嬉しい出来栄えとなりました。

glamb

2003年、“Grunge for Luxury”をコンセプトにデザイナー古谷完によって設立される。以後、グランジロックスタイルを基調としながら、ストリート、モード、ワークなど、様々なスタイルを融合したデザインワークで国内シーンを牽引。ミュージシャンやタレントにも多くの愛好家を持つ。

glamb内観